「ドラムのスナッピーを壊さないで」の巻

0
    ど〜も、お久しぶりですブログの更新が最近少なくなっていますが、これはニコニコの方でもブログを書いているからですニコニコの方では、楽器の演奏に有益な情報を提供しています。こちらではライブジャムでどんなことが起こっているかをお伝えしています。それと同時にこのライブジャムがどんな歴史を辿ってきたのかを、徒然なるままに書き連ねたいなぁ〜とも考えていますあるいは自分の学生時代のことでも語らおうかなぁ(誤字)

    さてさてもちろん話題は最近行われたSINGOUT!Vol.2です。今回もSINGOUT!Vol.2での各メンバーの発表は大成功を収めました。と共に、ニコ生での初中継も滞り無く行うことが出来ました。

    ↓放送はこのような形で行われました。


    ↓DJを行った筆者


    こういったSINGOUT!Vol.2の情報は
    http://ch.nicovideo.jp/livejam/blomaga/ar88655
    に書きましたので読んで下さい!

    このブログの長年の読者の方ならご存知だと思いますが、SINGOUT!の次はもちろんJAMOUT!が行われます。

    日付:3月17日(日)
       17時半開場
       18時スタート

    場所:恵比寿ライブゲート


    皆さんぜひぜひ、遊びに来て下さい!

    話変わって、先日ドラム科のダスティン先生が「ちょっと日本語の手伝いをして欲しい」とバリバリの流暢な日本語で尋ねて来ました。

    「ここを強く回しすぎる生徒がいるんだよ

    と言ってスネアドラムを見せてくれました。

    スネアドラムにはスナッピーという裏面に金属のワイヤーを張られています。それを引っ張る力を調節するネジをメンバーが回し過ぎてしまい、破損してしまったそうです



    そこにいたメンバーみんなで「あーでもないこーでもない」と言いながら談話が始まりました。長い間、日本語&英語を交えたトークで知恵を出し合いました。

    どうすれば生徒がスナッピーのネジを回しすぎないか、シンプルかつわかりやすい、その上、言語的な美しさを追求しました。


    ↓皆で相談中


    ↓何だか楽しそうな3人の大人ダスティン+校長のお友達+校長
     いくつかの案が出揃いました!


    ↓最後は校長先生が決断!自らが書き込む


    ↓「なににするのかなぁ


    ↓この3人が十人十色か烏合の衆かは皆さんがご判断下さい


    さぁ、これでスネアドラムのスナッピーが破壊されることはないでしょう

    とこんなどころで本日はドロン

    さいなら



    ライブジャムの今年の漢字は?

    0
      こんにちは!2012年も後少しですね。この時期になると毎年発表される「今年の漢字」今年は「金」だそうです。これはめでたいカンジ(感じ&漢字)で見ているだけで気分が良いですね。選ばれた理由は「五輪」「金閣寺」「金環日食」「数々の分野での金字塔(ノーベル賞やスカイツリー開業)が理由だそうです。

      (来年はライブジャムが教育分野の金字塔になっているはず

      しかしながら、日経新聞2012年12月22日の朝刊にてこのような記事が載っていました

      〘小学5年生〜中学3年制の男女200人を対象に今年社会の様子を漢字一文字で表すと・・・。というアンケートしたところ、1位は「耐」で、2位は「苦」と「混」〙

      一見すると「ひどい結果だな」と思えます。希望的な文字が3位までに連ねていないからです若い彼らの鋭い感覚が未来に希望を持てない世の中の風潮を、感じ取っているのかも知れません。社会学者の宮台真司先生が「若者たちの間で強烈なニヒリズムが蔓延している」と言っていたのを思い返しました。「頑張ったって結果に結びつかない」「社会や政府が停滞しているところで個人の努力は無意味に等しい」「部活動や勉強以外のことをがんばったところで生活に結びつかない」と考えてしまう人も多いそうです。

      しかしながら、楽観主義の私からすると頭の良い子は「社会が手助けしてくれないなら、自分でなんとかしよう」という自立心を向上させているのではないかと思います「社会は「耐」「苦」「混」である、では自分はどう生きるか?何を創ることが出来るのか?」ということを問いかけている人もいるのではないでしょうか?

      そして「部活動や課外活動を頑張ることは将来の大きな糧になると」私は信じています。というのも「部活動や課外活動で努力をし、頑張って得た感動」というのが経済・社会を動かす原動力なるからです。世の中を変えた多くの発明は「感動」を人と共有するために生まれています。一度でも自分が何かを頑張り「感動」を得た人なら、それを共有したいと考えますし、そうできる存在に成り得ます。

      ↓今年のライブジャムを表す1枚の写真
       柿ピーで大盛り上がりの教室風景
      10-3.jpg

      そこでライブジャムです
      (ここまで大層なことを書いてきましたが、
       この結びにたどり着くために布石に過ぎません)

      音楽というコミュニケーションツールを利用し、仲間とともに一つの目標(ライブ)に向かって苦楽をわかちあいながら切磋琢磨する環境がここにはあります。

      その環境で体感できる「感は計り知れないものでしょう!

      どうです、この展開!?

      宮台真司先生の言う「答えのある勉強を詰め込みすぎて、答えのない社会に適応できない。答えのない新しいもの生み出すことのできない日本人」がライブジャムに通うことで解消されるはずです

      話変わってではライブジャムの今年の漢字一文字は何かなぁ〜と考えてみました〜。
      校長先生に尋ねてみたところ「楽」と答えていました。

      エクセレントたしかに、音楽の楽でもありますし、教室内は常に笑顔が耐えず、賑やかで、メンバー一同が楽しんでいる様子が日常でした。

      私は「盛」にします。
      JAMOUT!、SINGOUT!、クリニックと数を重ねるごとに盛り上がりが上昇したましたので、この漢字が相応しいかなと思いました

      皆様の漢字はなんでしょうか?

      さて今回はコラムのみでお話を終えます〜!コラム回です年末はぶっちゃけイベントもないので面白いライブジャムの日常をブログにすることはできないかも〜〜〜

      ではでは



      まな板トントンズ来校!

      0
        こんちゃ!
        【きょうはさむいです ライブジャムは1月は、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(削除済み)】

        やんちゃなメンバーに序文を任せてたらひどい内容のものを書かれました
        もちろん削除です

        さて本題Rock On Nami Nightライブジャム賞を受賞したまな板トントンズが来校しました。彼らはライブジャム賞の商品「レコーディングチケット」を使用し、レコーディングをしました。

        ↓本番前に練習をしているトントンズ
         T-IBE先生は緑のスタジオで準備中




        ↓準備後も練習に励むトントンズ


        レコーディングの手順はヴォーカル以外のパートをいわゆる「一発撮り(せーのでみんなで一斉の演奏し録音する方法)」し、その後、ヴォーカル&コーラスを追加しました

        一発撮りは最高でも3〜4回までと制限しました(大抵の場合、何度撮り直しても初めのうちの演奏に勝てる可能性は低いので)

        2回目にギタープレイヤーだけが失敗して、他のは成功しました。撮り直しを若干嫌がる空気が漂いましたが、撮り直しました。案の定、3回目はいい演奏にならず、結局2回目が使われることになりました。大丈夫大して気にならないよ

        この際、意外と体育会系な一面もレコーディングで垣間見えました。ギター、ベースプレイヤーは後輩でヴォーカルとドラムは先輩でした。ギタープレイヤーは3回目に上手に弾けましたが、先輩の鶴の一声で2回目のテイクが使われることになりました

        バンドの演奏が録れた後、ボーカル以外は一仕事終えて、浮かれた様子でした録音する前と打って変わって雄弁に、そして、はしゃいでおりました

        ↓ヴォーカル録りを見守る他のメンバー


        ↓窓からWピースのヴォーカリスト


        ↓すかさずiPhoneを取り出すメンバー、ちょっと遅い


        そんなこんなで録音を終え、その後、校長先生と楽しく雑談してレコーディングは終了しました。

        ↓軽音楽部の合宿の過酷さを画像を通して教えてくれた
         ケータイ大喜利みたいになった場面


        彼らはユーモアに富んでおり、何度も爆笑させられる場面がありました。

        ミックスが終わったらまた来てね

        本日はここでドロン



        校長エネルギーの必要性

        0
          こんにちは!先日は選挙がありましたね〜。私は8時ギリギリに投票しに行きました。恥ずかしい話、候補者を前もってしっかり調べていなかったので、投票所についてから決めようと思っていました投票締め切りはあんまり厳格ではなかったので、選んでいる間に8時を過ぎていました。iPhone片手に候補者を選んでいましたが、8時になった瞬間、都知事の当確が出ました。そして、2分後くらいに自分の小選挙区の候補者の当確が出ました。

          俺の票って一体・・・。

          さてさて、本日は大学に行ったとあるライブジャムのメンバーが教室を訪ねてくれました。彼は大学で音楽を学んでいるのですが、「ここでの経験が役に立っている」と言っておりました。「ここでしっかり学んだおかげでちょっと(他の生徒より学習が)リードしている」と言っておりました。彼の担当は作曲のT-IBEで、その時ちょうど不在でしたが、伝えると先生も喜んでおりました。

          また、学校が早く終わり一番乗りに教室に来たAくんが「暇だ暇だと嘆いていました。「練習すれば?」と提案しても、練習するわけでもただただぶつぶつ「暇だ」と呟いておりました。彼はみんなとおしゃべりに来たみたいです。SINGOUT!大丈夫かな??

          そんなライブジャムでは今日は教室は比較的静かでした。校長先生が不在でしたので、
          校長エネルギーが教室に足りなかったからかも知れませんね。

          ↓レコーディングを終えたAnemoneという女性3ピースバンドと本日不在の校長
           この模様は次回


          明日はライブジャムのメンバー主催のイベントがライブゲートであります。
          興味ある方は来てくださいね

          2012/12/19 Otherside presents Dreamfest Vol. 1 “The Otherside”

          ではでは!





          「(楽器を)買った後が問題だ!」ライブジャムの新広告

          0
            こんちは!最近blogの1つの記事を大ヒットさせた小指王子こと筆者ですニコニコの「チャンネル」→「生活」の項目にライブジャムちゃんねるというのがありまして、このブログ以外にもそちらで書いているのですが、「初心者のためのギターを弾くためのフィジカルトレーニング」というタイトルでで小指を動かす簡単なエクソサイズを書いた所大ヒット致しました。

            実はこの記事を書いている時「なんか今日のコラムよく書けたな〜」と思っておりましたそんなときは筆が進む進む、どんどん文字が溢れでてきます。なのでこの序文のコラムは大事なのであります!!しかしながら、このコラムに触れる人は誰も居ないのであります

            先日とあるバンドが次回のJAMOUT!Vol.8(3月予定)に向けて始動するためにバンドの顔合わせを行いました。このバンドはドラム、ベース、ボーカル&ギター(リーダー)で活動することが決まっていたのですが、ギターをもう一人増やしたいということで、彼らの趣味に合うギタープレイヤーを紹介しました。ベースと新ギターは少し親交があったのですが、リーダーと新ギターは初めての対面で、お互い緊張しておりました。特に何を話すわけでもなく譜面を持ってスタジオに入り、一緒に演奏しておりました。初めのうちはお互い照れているのですが、少し経てば「あ〜でもないこ〜でもない」という仲になることでしょう。

            そんなこんなで早めにバンドを準備したい人たちのために先日こんな掲示をしました。


            う〜む、あんまりおもしろい文言が浮かばなかったのですがこの文章を読んで、メンバーが早め早めに動いてくれると助かります

            ライブジャムは随時新しい広告を作ろうと案を練っています。本日作曲のTーIBE先生がこんな広告を作りました



            なかなか面白い広告に仕上がったような気がします

            多くの場合、楽器を買った後が問題ですよね。バンドのメンバーを探したり、練習場所を確保したり、ライブの面倒な打ち合わせをしたり。まず第一にどうやって技術を向上させればいいかわからないものですよね。

            ライブジャムに来ればいいじゃないですか〜〜〜〜!すべて解決でしょう!!

            果たしてこの広告を見てライブジャムに来てくれる方はいるのでしょうか

            ではでは!

            JUGEMテーマ:中高生向け音楽教室

            職場体験ライブジャム

            0
              こんにちは!ブログの更新が途絶えたことにより、またしても読者の激減を招いてしまいショックな筆者です。これからはドシドシ更新するぞと思っていますが、JAMOUT!も終わり、次のイベントのSINGOUT!まではちょっとだけ余裕がある(運営の準備という意味。決してメンバーたちにまだ時間の余裕あると言っているわけではない練習に励んでくれ!)ので、あんまり書くことがない!!のですが、頑張って行きたいところです

              実はこちらのブログ以外にニコニコ動画の方でブログも書いているのですが、1つの記事がニコニコ運営に取り上げられ信じられないヒットを記録しましたなんと2日で1万人以上の方に見て頂きました。これは、B'zの松本さんの記事以来のヒット、しかも過去最高なのですが、ブログの横に貼り付けておいたライブジャムのWebサイトはうんともすんとも反応なしなのです。多くの人はブログの記事だけ読んで、ライブジャムにあまり興味を持ってもらえませんでした。ざんねそ

              日本発のバンドスクール

              中学生・高校生に限定した音楽教室

              インターナショナルな環境

              スタジオ無料開放

              などなどライブジャムにはとっつきやすい特徴がいっぱいあるはずなのですが・・・逆に(この逆には正しい使い方。最近逆でもないのに使われすぎ)特徴があり過ぎてどんなことしているかよくわからない得体のしれない音楽教室と思われているのかも知れません。たしかに、バンドスクールってどんな音楽教室って言われても一言ではなかなか説明が難しいです。そもそも、既存の音楽教室とはまったく違う、全く新しい概念のもと生まれた教室なのです。オンリーワンの広告の難しさは宿命なのであります

              さてさて、今回は2人の中学生が職場体験に来た話。
              ライブジャムの入り口にはこんなフラッグが貼られていました

              早速彼らにはライブジャムポロシャツを着てもらい作業にあたってもらいました。

              彼らには清掃業務、備品の管理業務、広告業務など幅広く体験してもらいました
              12時から仕事をはじめ18終わりの予定でしたが、17時頃には1人の若きスタッフは眠くなっており、まどろんでいましたもう1人は終始パワフル!広告業務の一環として「友達にライブジャムを薦めるためのキャッチコピーを考える」という仕事を任せた所、「こんなのはどうでしょうか!?」とかなり積極的に意見を出しておりました

              ギターの弦交換や教室の清掃、ライブジャムのメンバーへのインタビュー映像の撮影などもお願いしました。なんだかんだで2人は仕事を一生懸命こなしてくれました。ですので、校長先生からライブジャムのスタッフの証「ライブジャムポロシャツ」をプレゼントされました。異常に喜ぶ2人!「そんなに欲しかったの!?」と疑問持たざるを得ませんが、その辺りは子供と大人の価値観の違いということで片づけましょう

              彼らはこの職場体験を元に学校内で張り出す新聞を発行するそうです。見られないのが残念ですが、立派な新聞を作成して欲しいもんです

              そんなこんなで本日はここでおしまい。さよ〜〜〜なら〜〜





              blog復旧!!SINGOUT!Vol.2開催決定!

              0
                どうも!お久しぶりですというのも、風邪をひいておりました。そして、このブログのサーバーが変わり新しいアドレスに対応させてなく、閉鎖状態になっておりました皆様、この度はご迷惑おかけして申し訳ございません。まぁ、ざっくばらんに言えば大変だったのよ〜ってな感じです

                今回コラムを書いたのですが、書き終えて過激すぎたことに気づいたので自粛します
                にゃは

                今回は今後の予定だけお伝えします。

                来年2月2日(土曜日)SINGOUT!Vol.2が開催されることが決まりました!

                場所は三軒茶屋COME TOGETHERです

                出演希望は受付にお届け下さい。



                今回は短いですが、これにてドロンします!さらば!

                初心者ギタープレイヤーにおすすめの改造

                0
                  こんにちは!本日はやらなきゃと思ってやっていなかったことをやろうと思い、机の整理や書類の整理を行いました。中でもやろうと思って1ヶ月ぐらい放置していた「ギターの修理」を今回はお届けしたいと思います

                  ライブジャムが無料で貸し出しているギターの1つが接触不良を起こしていました。半田の付け直しですぐ終わるのですが、面倒くさいのは中を開けることです。今回修理するギターはT-IBE先生が18歳の頃に購入したものを教室に寄付して下さったものなので、ネジが錆びて開けづらいのであります

                  (実は写真をあまり撮っていませんでした。思えば修理前と修理後の写真を撮っておけば「劇的ビフォー・ア◯ター」風にブログが書けたのにと後悔しています・・・

                  さてこちらの写真を御覧ください



                  たぶんホワイトカラーであったこのギター、長い年月をかけて黄色に変化しました。
                  こちらYAMAHA製のギターです

                  中を開けてみるとてんこ盛りのハンダがついていたのでハンダ吸引器で取り除きました

                  その後ついでだから配線材を交換しようと思い余っていたHuman Gear Northern Electric Braided Wireに交換しました

                  ↓の黄色い線がNORTHERN ELECTRIC BRAIDED WIRE です




                  信じられないくらい音が太くなります。特に安いギターはハンダが適当な上、配線材があまり良い物が使われていないので、変化が如実にわかります

                  (実は単線、撚り線とちょっとした配線材にも違いあり、変化がかかる音域が線材によって違うのですが、そういう話をすると長くなりすぎるので止めておきます)

                  しかしながら、このギターボリュームポッドやピックアップの具合もあまり良くないので、本当は電気系統前交換が理想でしたが、それは大変なので止めました

                  もし、あなたの持っているギターのサウンドに不満があったら配線材を交換してみてはいかがでしょうか?簡単に音が良くなります

                  必要なものはハンダ、ハンダゴテ、ハンダ吸引器、ドライバーだけで出来ます

                  もし、やり方教えて〜っという方が多ければ、もっと詳しい内容を記事にしようと思います。

                  ではでは

                  勉強の秋

                  0
                    どうも!3日続けて更新は本当に久しぶりかもしれませんやっぱりブログは定期的に書くと読者も増えますね一時期、毎日30〜50人程度に落ち込んだ読者が現在は毎日200人程度に回復致しましたやっほ〜いちなみにB'zの松本さんの記事を書いたときはその日だけで2000人くらいの読者がいました

                    さてさて、そろそろJAMOUT!。各バンドもリハーサルで大忙し、といきたいところですが、この時期、一部の学生たちは試験中らしく、スタジオ外で勉強するもの多数そのため夜は校長先生の小粋な計らいでライブジャムではクラシックが流れています試験の日程が各学校で異なるため、「早くバンド練習した〜い」というメンバーもいれば
                    「今度の試験は失敗できない!」
                    といった切羽詰まったメンバーまで様々なメンバーがいます

                    各自勉強、練習共に頑張って欲しいと思います

                    話変わってSINGOUT!Vol.2のダイジェストが出来ましたので乗っけておきます

                    何曲か映像がしっかり撮れていなかったので、カットしています。



                    楽しんでいただければ幸いです

                    ではでは!



                    文楽両道のすすめ

                    0
                       文武両道、文事と武事その両道に努め秀でると言う言葉があるが、身を守る事に昔ほど重きを置かなくてもよい現代では、文事はもちろんだが、それと同時に精神的に成長できる習いごととして楽器を習う人が多くなっている。

                      最近TVで人気の澤口先生も、習いごとをひとつだけやるとしたら両手の全部の指を使うピアノがいいと薦めているが、そういう意味ではドラムも両手足で別々の事をやってると言う意味では両側の脳の発達にかなり貢献しているはず。「でもドラムは指を使ってない。。。」と言う方には、究極のパイプオルガンをお勧めします。全指と、両足全て使ってます。
                      それにヨーロッパの古くて大きな教会とかで弾いちゃった日には聖堂を揺るがす位の音量と波動で、一気に心まで洗われてしまうでしょう
                      。。。と言っても今の所、ライブジャムでパイプオルガン科の導入は考えてないので、何でも楽器であれば、指を何本使うに関わらず練習する事による脳への刺激、そして内面的な発達などもあるので、きっと文事にも好影響を与えるでしょう。もちろんボーカルの人でも腹式呼吸をしたり、メロディーに集中したりで、普段あまり使わない脳機能を開発するので、とりあえず「音楽」と言う一括りにしてもやる事はとても意義があるのは間違いない。

                      。。。そう書きながらふと見上げると、仲間が楽器を練習して音楽もかかってて結構大音量の中、一心不乱に宿題をやっつけてる生徒さん達発見! そうかあ。。。実はこの一見騒々しいけど、仲間がそばにいるこの空間は勉強にも適してるのかも知れない。

                      10.10.JPG


                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      Twitter

                      ニコニコ

                      音楽教室検索

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • マフィンを頬張る青年とニコ生とサラ・ブライトマンの話
                        Ken
                      • 「ドラムのスナッピーを壊さないで」の巻
                        Ken
                      • 誰でも参加できる!無料ギタークリニック開催!by LiVEJAM
                        ピンクのロードバイク!かずき

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM