JAMOUT!Vol.8間近!ということでJAMOUT!特集!

0
    こんにちは!

    本日はJAMOUT!Vol.8間近ということで、今までのJAMOUT!の軌跡を辿りたいと思います



    まず初めのJAMOUT!Vol.1は2010年6月にスクールプレオープンイベントとして行われましたこの時のライブは先生バンドとともにゲストバンドも呼んで執り行われました

    DSC_2424.jpg

    2010年6月30日にmusic school LiVEJAMは開校されました

    2010年10月10日 "JAMOUT!Vol.2"は下北沢Regで行われました。ここで初めて個人レッスンを受け始めたメンバーによるバンドが参加しました。午前中に行ったということもあり、お客さんも少なく発表会としては少しこじんまりとした形式でした。

    IMG_0536.JPG

    筆者はこの時期からライブジャムに参加し始めます

    2010年12月10日 "JAMOUT!Vol.3"は今は無き二子玉川Pink Noiseで行われました。メンバーも増え、ゲストバンドを1つだけでライブが行えるようになりました。


    ライブは成功を収めたが、1曲しか演奏できないバンドがあるにもかかわらず、転換に時間がかかり、ライブの演出に課題を残す結果となりました。このときはまだバンドスクールというよりかは音楽教室でレッスンを受けて、その生徒が発表会に出る、といった様相でした。

    2011年3月11日 "JAMOUT!Vol.4" @二子玉川pink noise 中止

    東日本大震災が発生、生徒たちは皆無事に帰宅しました。この時ははっきり言っていくつかのバンドは未完成なままライブで演奏することになっていました。この中止をきっかけにライブでの新しいアイデアを積極的に考えるようになりました。

    幻となった企画、ファッション学校とコラボレーションして、歌とファッションの祭典といった様なアイデアもありました。

    Pinknoiseは大震災の翌月に閉店してしまいました。代わりの場所として、懇意にしてもらっている大岡山Peak-1でライブをすることが決まりました。最近はキャパシティーの問題上、大岡山Peak-1を利用することはなくなってしまいましたが、青春ロックフェスやRock on Nami Nightなどのイベントにスポンサーとして時折り参加させていただいております。

    続く・・・。



    ENGLISH TIMEスタート!日本語は使っちゃダメよ

    0
      Hello! This is shimpei. I have to write this blog in English.Because we LiVEJAM start English time. That means nobody can speak in Japanese from 3pm to 5pm in this school.So I am trying to write in English. Today,we

      とまぁ、そんなこんなで5時を回ったので日本語で始めます先ほど書いたとおり、ライブジャムではEnglish Timeを平日の3時から5時までの教室内で実施することにしました。これはライブジャムの理念が、音楽を通して国際舞台で活躍できる人間の育成であることから起因しています。せっかくライブジャムはインターナショナルスクールなのだから、英語を積極的に使って上達しましょう、ってことで始めました。



      これにはちょっとルールがあります。どうしても日本語の必要な時は(正式名称はまだないのですが)「ちょっとだけ日本語使いますうちわを掲げることで日本語をちょっとだけ使用することができます。しかし、一枚しかありません。ですので、取り合いはしないように。読者の方で、良いネーミングが思いついた方、ぜひ、コメント欄にコメントをお願いします。採用するかもしれないぜ〜〜スギちゃん風)

      また、スタジオは日本語の使用がOKです。本日は早めに来ていたギター科のメンバーが時折りこのルールを悪用して、スタジオから大きな声で日本語をわざと話していました。ふふふ、こちらもそんなことは対策済みだゼェ〜。スタジオの扉を閉めてしまえば、なんということでしょうたちまち会話から大きなひとりごと早変わり

      17時になった瞬間「むふふ、終わったぜ〜」と喜びの笑(えみ)を浮かべていたので校長がすかさず「初回サービスで17時半まで」と彼に言い放ちました

      「勘弁してよ〜」と言う彼にスタッフ一同で大笑いなんだかサザエさんのような一幕がライブジャムで起こりました

      そんなこんなでみなさん、メンバー諸君!English Time 始まるんでよろしくね

      ばいびー



      「ダスティン先生、デスボイスを披露」の巻

      0
        こんにちは本日はバンドリハーサルが4本立て
        ロック/ポップスバンド、オールスターバンド、オリジナル曲を演奏するバンド、そして、ヘビーメタルバンドです。

        彼らのリハーサル中、見慣れた顔の男が普段の話し方から考えられない声を放っていました

        そう、我らがドラムの先生「ダスティン・キャシディ」です

        バンドメンバーがヴォーカリストに先生を誘った所、先生が快く引き受け結成されました

        このバンドのドラマーは彼の教え子です

        このような形で、結ばれることのない師弟関係のドラマーが同じバンドで力を合わせて音を奏でました



        リハーサルを相当楽しんだメンバー。バンド名決めも大いに盛り上がりましたもちろん、彼らはメタルバンドなので、おどろおどろしい言葉をチョイスしていました。私は候補に上がった「ハローキティ」というかわいいバンド名がいいなと思いました。「ハローキティ」というバンドがデスメタルを演奏しているっていうギャップが面白くなりそうですが、他のバンド名に決まりました

        その後、オリジナル曲を演奏するバンドのメンバーが持ち曲が4曲ほどあり、何を演奏するかを相談していましたこのバンド、演奏は中々良いのですが、どうにもこうにも話がまとまらないのが特徴ですリーダーのWくんの意見がコロコロ変わり、それに翻弄されメンバーが右往左往します

        そのWくんから、「曲を何にしたら良いのか」という相談をされました。しかし、話は途中からなぜか話しは恋愛相談に変わりました。なぜぇ??

        思えば、ライブジャムでは楽器のことや演奏のことについての質問以上に、こんな話になることもあります

        そんなところで今日はここでドロンします

        さようなら



        ライブジャム内で新党結成!その名は・・・。

        0
          新政党が乱立する日本でついにライブジャム内でも新党が結成されました
          その名も「豪奢遊党」です。
          この政党のマニフェストは・・・・。政治理念は・・・・

          と、もちろん政党ではありませんこれはバンド名です

          女の子4人組男性1ほぼガールズバンドが本日リハーサル後にバンド名をみんなで決める会議を行いました。(男性1は今日は不在)

          「何にする??」と誰かが言った後、会議は無言が続くこともある、このバンド名会議。本日は遊園地に行っているかのごとく、バンド名候補が上がるたびに女性メンバーの興奮の声が聞こえました。

          A「四字熟語にしたくない?」

          B「いいねぇ(あなたの想像する100倍くらいのキャピキャピ具合で言っています)」

          C「じゃあ、調べてみよう

          B「豪奢遊蕩って何か響き良くない?」

          A「いいねぇ〜

          D「最後の蕩を党に変えたらバンド名っぽくなってよくない??」

          一同「超いい〜〜

          こんな感じでバンド名は「豪奢遊党」になりました

          ↓リハーサルも盛り上がり、バンド名会議も盛り上がり
           テンション上がりっぱなしのメンバー


          バンドスクールで働き始めて2年弱、最近わかったのですが、意外とこのバンド名決めが重要で、意見を出し合い面白いものが出来るグループ、活発に意見が出ず、妥協点を見つけて適当に決めるグループ、リーダーが勝手に決めちゃうグループではサウンドに大きな違いが出てしまうということ。練習のスタイルやバンドの運営方針などが如実に表れます。

          豪奢遊党は面白いサウンドになるのではないでしょうか?
          楽しみです

          そんな彼女たち(+1)が出演するJAMOUT!Vol.8は開演時間が変更になりました。

          17時半から演奏を開始します。ですので17時開場になります。

          みなさん、お間違えのないようにお願いします。

          ではでは!



          ライブジャムで人気のアーティストって?

          0
            どうも、久しぶりの連続更新ですいやぁ、花粉が飛散する時期になりましたね最近では花粉カットメガネなんていうのも販売しているみたいです私がそれを購入するとPC用のメガネと花粉用メガネを2つ持ち歩くことになりますメガネが煩わしくてレーシックをしたのに自ら進んでメガネを掛ける、しかも、用途によって使い分けるようになってしまいますう〜む、めんどくさ〜い、でも、目が痒いから買っちゃおうかなぁ〜

            前回の記事で自分の最近聴いている音楽を紹介しましたが、今回はメンバーがよく聴いている音楽を紹介したいと思います。いやぁ〜、でも日本のバンドは良いYouTubeに中々質の良い動画がないんですよね〜

            人気どころはTaylor Swift、Yui、miwa、Radwimps、ONE OK ROCKです。彼らの曲の人気は、被らないようにメンバーも早めに演奏することを表明して、取られないようにすることがあるくらいです


            正直、筆者はライブジャムで働く前はTaylor Swift、Yui、Radwimps、ONE OK ROCKをまったく知りませんでした(miwaだけオールナイトニッポンで知っていました。曲は1曲も聴いたことがありませんでしたが・・・。)

            ライブジャムでは迷ったら「Yuiを演奏しよう」となります。というのも、彼女の曲は学生がバンドで演奏しやすい曲のアレンジになっているからです。(ギターが過剰に録音されたり、エフェクトによる人間での演奏が不可能な状態になっていないという意味)Taylor Swiftもそうです

            ONE OK ROCKもバンドアレンジしやすい曲調のものが多いですが、あのヴォーカルの音域を中々男性が出せないという難点もあります。いやぁ〜、メンバーにはぜひ彼らの曲を歌いこなせるように精進して貰いたいものです




            のど自慢THE ワールドにも出演したライブジャムの作曲学科の元メンバーのアムストロングは「Irma」というアーティストを紹介してくれました。それがびっくりするぐらい良くて校長と私は魅了されました

            ↓ちょっと画質は悪いのですが、ボイスパーカッションをその場で録音し、すべて一人で迫力の演奏をしている動画です

            10年くらい前に日本で流行ったアルゼンチン音響派といわれる一派から出た「Juana Molina」(フアナ・モリーナ)に似ているところがありますね。彼女も自分のギターの音や声を録音を繰り返し、最後には大迫力の演奏にしています。これは私のオススメ


            またメンバーから教わったチャットモンチーという日本のバンドには心を打たれました。
            日常描写に優れた歌詞と叙情的なメロディが魅力のポップスバンドです



            男性メンバーにはRed Hot Chili Papersが人気です。ベース学科のMitch先生も彼らを観てベースを始めたそうです


            そんなこんなで機会がありましたら、またこのように教室で流行している音楽をご紹介したいと思います。ではでは!


            試験期間中のライブジャム

            0
              こんにちは!最近itunesで自分の再生した曲の回数のランキングを見るのを楽しんでいる筆者です。せっかくですから、この2ヶ月で皆さんによく聴いているアルバムを紹介したいと思います

              Paul Simon "So Beautiful or So What"



              サイモン&ガーファンクルで有名なポール・サイモンの2011年の作品です
              お得意のカントリーやフォーク、ブルーズなどの土着のサウンドに最近の流行サウンドを混ぜあわせた傑作アルバムだと思います私はポール・サイモンの過去作もほぼ網羅していますが、このアルバムが最も好きですしかも圧倒的に。1曲目の"Getting Ready for Christmas Dayを聴いた瞬間「これポール・サイモンなの?」と思う人が多いはずです1年以上聴いています

              Motorpsycho"Heavey Metal Fruit"



              ノルウェーのロックバンドですが、なんとなくジャーマン・ロックのような雰囲気がありますヴォーカルの声の良さも好きですが、緻密なアイデアが曲ごとに光るので聴いていてスーパー楽しいですHeavy Metal Fruitというタイトルですが、メタルの要素は全くありません。このアルバムより「Black Hole Blank Canvas」の方が初めての人にはオススメ

              こんなふうにちょこっと自分の好きな曲も紹介したいと思います。皆さん聴いてね

              さてさて、ライブジャムは最近試験前ということで、赤い机で学習するメンバーが増えております。中には、挨拶もせず暗記帳を読みながら入ってくるメンバーも

              1年の総まとめの学期末テストということもあり、みんな必至で勉強しています

              そういえば、筆者も学期末テストは範囲が広すぎて苦労した覚えがあります。部分的に興味が湧いたり、沸かなかったりする性格なので、全てを網羅して答えなければならない学期末には苦労した覚えがあります

              そんな中、試験終わりのメンバーはそんな彼らをお構いなしに楽器の練習をしていました。「いいなぁ〜」と溜息を吐くメンバーもいました

              さぁ、みなさん頑張って試験でいい成績を残し、心置きなくJAMOUT!ではじけて下さい

              JAMOUT!Vol.8 @恵比寿LIVEGATE

              3月17日(日)

              開場 午後5:30
              開演 午後6:00


              ちょっとバンドのリハーサルが滞っているので、試験終わりは結構頑張りましょう

              ではでは



              LiVEJAM ALL STAR BAND始動!

              0
                こにゃにゃにゃにゃわ前回パンの耳の記事を書いたばかりの筆者ですが、飽きたので買ってくるのを早速止めましたたははみんなごめんねそういえば、メンバーがパンの耳を食べるときにちょっぴり昔を思い出させる場面がありました。それはみんなに「どうぞ、食べて〜と言ってパンの耳の入った袋を机においた時のことです。メンバーが躊躇なくギターやベースなどの楽器を持っていた手で食べようとしたので、「こらこら、手を洗ってから食べなさいと私は言いました。すると、「えぇ〜、めんどくさい「ちぇぇ〜といった言葉を発しました。その瞬間「あぁ〜、懐かしい〜と故国への郷愁(ノスタルジア)を感じたのであります。(注:筆者は生まれも育ちも東京で、現在も東京住まい)

                今は昔、私が幼子であった頃、母上が三十の刻に菓子なるものを与えてくれました。その際、我興奮のあまり、手を洗うことを怠りて菓子を食らおうとしたところ、母上より「手を洗わず食べることあらず」と忠告を受けたのでありました。

                その頃の記憶が思い出されました。

                何時の時代も若い学生にとってお菓子を食べるときは、興奮のあまり手を洗うのも煩わしいと感じてしまうのですね今の私だったら汚い手でものを掴んで食べたりは絶対出来ませんので、彼らの常識と私の常識は随分かけ離れたものになってしまったのですね

                さて本日は前回のJAMOUT!の際、(なぜかダダすべりした)私の重大発表の通り、All Star Bandがライブジャム内で結成されました(ダダって意味は深いのでWikiってみよう!)

                All Star Bandはライブジャム内でのオーディション+先生たちの推薦によって選ばれたメンバーたちで構成された栄誉あるバンドです

                そして先日そのバンドの初練習が行われました

                選ばれたメンバー、オーディションで勝ち上がったメンバーたちも若干の緊張した面持ちでリハーサルに望みました

                ↓SINGOUT!で大賞を取った彼がメインボーカリストの一人

                ↓指導にあたったTommy先生の後ろ姿とメンバーの様子

                ↓7人のメンバーと私とTommy先生でスタジオは人口密度高め

                曲は秘密なのですが、ノリに乗ったナンバーとしっとりとしたバラードを練習しました。

                演奏してくうちに緊張感も取れ、みんなノリノリで演奏していました。

                ↓キーボードプレイヤーの彼を天国の師匠が背中から応援してくれている
                 (注:TーIBE先生は生きております


                果たしてどんなサウンドを奏でてくれるのか、楽しみです

                ではでは!




                「7变化するパンの耳」の巻

                0
                  こにゃにゃちは!最近寝袋にハマっています寝るとき布団の上に寝袋をひいて寝袋に包まってその上に掛け布団をひいております最高に暖かくて暖房いらずですしかしながらこの寝方の難点は起きるのに寝袋から出る気にならないことです私はそういった怠惰なことは大嫌いですので、これからは寝袋に包まったまま芋虫のように歩く練習をしたいと思います

                  さてさて本日は最近流行っているライブジャムのお菓子のお話。

                  都立大学駅からちょこっと離れた場所に、パンの耳を格安で大量に売ってくれる場所があることを私が発見しましたレッスン中にお腹がぐーすか鳴らないように買ったのですが、何分大量にあるのでメンバーに配りました昔ながらの手作りのパン屋なので味もよく、それ以来、パンの耳はライブジャムの定番おやつになりつつありますしかし、このパンの耳、手作りゆえに日によって味がかなり変わります。塩分が強い時甘い時など、味の違いがあります。本日はみんなで「しょっぱいね」といいながら食べました。



                  7変化するパンの耳はおやつにも話題にも最適です
                  明日はどんな味に仕上がっているんだろうかなぁ??

                  話変わって、JAMOUT!Vol.8が近づいて参りました。

                  JAMOUT!Vol.8 @恵比寿LIVEGATE

                  開場 午後5:30
                  開演 午後6:00

                  みなさんお楽しみに!!



                  「雨降って地固まる」の巻

                  0
                    こんばんは。本日はニコ生を利用したライブ中継Nico-OUT!Vol.3を行いました。普段は人が比較的少ない、バンドメンバーの友達が放送を覧て下さるのですが、今回はかなり不特定多数の方が観てくださいました。本当にありがとうございますが、放送はいろいろと大変な状況になったので、筆者は若干落ち込み気味バンドの曲の準備中にMCとして喋りながら場をつないでいたのですが、あまり良いコメントをもらえませんでした

                    ですので、がっくりしています

                    ↓落ち込みながら、せんべいを貪る哀愁漂う筆者生徒撮影


                    ↓コーヒーを飲みながらポージング
                     違いの分かる男
                     ダバダ〜バ〜ダバダ〜ダバダ〜


                    ↓メンバーたちも一緒に凹んでくれました


                    そしてこの写真を撮ってくれた女子高校生は終始笑っていました

                    周辺に居たメンバーも物珍しいそう私を見て笑っておりました

                    そんなこんなで皆のお陰で元気になりましたこれからは元気にブログを更新致します

                    傷ついた分だけ人は気持ちが新しくなり、強くなれるそうです。ですので、これからは私のことをNew Shimpei」と呼んで下さいかならず頭にNewを付けてくださいね

                    そんなところでNew Shimpeiがお届けするこのブログはおしまいドロンします

                    ではでは



                    マフィンを頬張る青年とニコ生とサラ・ブライトマンの話

                    0
                      こんばんは冬って何かとお腹が空きますよねライブジャムのメンバーも「腹が減ったとよくボヤいています。おうちに帰れば、ご飯が出来ているのに、もうちょっとライブジャムにいたい、でもお腹すいた、などという葛藤をしています。思い返せば、私が中学生の時は大デフレ時代ハンバーガーは65円で牛丼は200円でした。腹が減っても小遣いの範囲で腹いっぱいまで何かを食べれましたそして、腹いっぱい食べた後も、おうちのご飯を食べていましたそして、私は今では考えられない程、当時は太っていました

                      今日はそんな食べ物の話

                      校長先生が差し入れに黄金色に輝くマフィンをくれました

                      歓喜した私レッスンが終わったら食べようと長い間デスクの上に置いておき、至高の時間を過ごすことを楽しみにしていました

                      レッスン後、2年ぶりの缶コーヒーを購入し、いざ、実食
                      (缶コーヒーを飲まないのは糖分や乳化剤などを気にして。なんか缶コーヒー飲むと眠くなりません?)

                      うまい最高にうまいと大袈裟にマフィンを頬張っていたら一人の青年が私の脇に立っておりました。

                      彼は昨日、都立大学駅で有名な焼き鳥屋「鳥はる」に行った話をしました。私は幾分、羨ましい気持ちが彼にあったので、より大袈裟にマフィンの旨さをアピールしました

                      すると、子犬のような目で私を見てくるじゃありませんか

                      しょうがないので残り2口くらいのマフィンを半分に割り、彼にあげました

                      たった一口のマフィンに大歓喜の彼

                      ↓言わせてもらいますが、私がケチだったわけじゃなく本当に2口分しか残っていなかったからこれしか分けてあげられなかったんですよ〜〜


                      ↓そんなケチと思われそうなくらいの1口大マフィンを食べてこのような反応


                      ↓最後はダブルピース


                      そんな彼がギターで出演するNico-OUT!Vol.3は明日2月10日(日曜日)17時半からです。ぜひチェックして下さい

                      Nico-OUT!Vol.3
                      中学2年生のロックバンドに高校生の女性ボーカリストが加わった形式です。
                      曲はNirivanaのカバーをします。
                      開演:17時30分
                      そして今晩なんと11時Merlyn先生がNHKでサラ・ブライトマンのバックでベースを弾きます。みなさん観て下さいね

                      ばはは〜〜い

                      JUGEMテーマ:中高生向け音楽教室


                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      Twitter

                      ニコニコ

                      音楽教室検索

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • マフィンを頬張る青年とニコ生とサラ・ブライトマンの話
                        Ken
                      • 「ドラムのスナッピーを壊さないで」の巻
                        Ken
                      • 誰でも参加できる!無料ギタークリニック開催!by LiVEJAM
                        ピンクのロードバイク!かずき

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM