10歳のドラマーがリーダーのバンド!?

0
    こんにちは!最近私は「悪の教典」という本にハマっています。面白くてついつい時間を忘れてしまいます。本は基本的に出勤&帰りの電車以外では読まないので、早く出勤したい、早く帰りたい、という衝動に駆られてしまいます(活字中毒なので止めどなく文章を読んで徹夜など防ぐために決めた自分ルール

    さてさて今回は先日行われた最年少グループのリハーサルの様子をお届けしたいと思います

    曲はThe Venturesの「Pipeline」原曲はあえてブログに貼りません。
    JAMOUT!に来て聴いて欲しいからです

    このバンドは最年少ドラマーが高い社交性、リーダーシップを発揮しています。
    内向的な年上メンバーに「バンド名はこんなのどうか?」だとか「もう一回練習しよう」としっかり提案をし、練習を進めていきます

    ですので、演奏もいいかんじ(ローラ風)

    しかし、彼が提案するバンド名はへんなのばっかり

    人's
    人間
    人々
    顔's
    機械's
    上's
    下's
    子供's
    大人's

    といろいろシュールな提案をして結局「ドルフィンズ」ということになりました。なぜ!?

    そんなこんなでドルフィンズの演奏をお楽しみに!

    ちなみに!本日の18時よりニコニコチャンネルにて「ライブジャムチャンネル」が開設されます。チェックしてね



    JAMOUT!Vol.7 @恵比寿LIVEGATE

    0
      こんにちは。先日の原田真二@国際フォーラムで非常に感動した筆者(Shimpei)です。

      今回は簡単に告知させて頂きます。

      今月に迫ったJAMOUT!Vol.7。ライブジャムに興味が有る方はぜひ、遊びに来て下さい。
      10代はドリンク代500円のみ!20歳以上は1000円で入場できます。

      JAMOUT!Vol.7 @ 恵比寿LIVEGATE

      開場 午後5:30
      開演 午後6:00




      ではでは!



      「ONE OK ROCKのようにバンド名を」の巻

      0
        こんにちは!とあるメンバーのお母様がチロルチョコきなこ味を箱買いして差し入れしてくださいました。メンバー一同喜んでいると、「お母さん、これどこで買ったの?とそのメンバーが尋ねていました。「コンビニで買ったけど「えぇ、なんで薬局で買わないの?薬局の方が全然安いよ、もったいないという会話を繰り広げておりました。子供のほうが母親のような意見を言っていたのでちょっと面白かったです。

        さてさて、今回はバンドの名前決めの会議を行なっているバンドに密着しました。このバンドは結成2ヶ月、名前を決める決めると言っておきながら、決めずにきていました

        このバンド(”このバンド”としか言えない寂しさ)、リーダーがしっかりしており、リハーサルをコンスタントにこなし、演奏もかなり良い感じ!(ローラ風)です。

        選曲もスムースに決まり、練習の雰囲気もよく、メンバーたちも仲良くやっております。
        バンドの名前が決まっていないのは、「忘れていた」からだそうです。

        さぁ、会議スタートです。



        このバンド「ONE OK ROCK」の曲を演奏することが決まっています。
        ONE OK ROCKとは日本のロックバンドでスクール内で大流行しているバンドです。

        ONE OK ROCKはバンド名を「リハーサルスタジオに入る時間がいつも午前1時だったから」という理由で決めたそうです。

        このバンド会議、午後6時スタート。私が提案したいのは「ロクオクロック」とかは・・・。って安直な真似はダメですよね〜。

        彼らがどんな名前になったのかはまた報告させて頂きます。

        最後にONE OK ROCKの音源を載っけておきます。

        ではでは!




        ↓ライブジャムの生徒が前回行った演奏





        SINGOUT!大賞発表

        0
          毎度!今回はメンバーが待ちに待ったSINGOUT!の大賞
          発表したいと思います。

          と、その前にSINGOUT!の曲目を紹介したいと思います。

          第一部

          1,ゆず ”夏色”
          2,ZARD "負けないで"
          3,miwa "Change"
          4,Mr.Children "しるし"
          5,Maroon 5 "Payphone"
          6,Imogen Heap "Headlock"
          7,Jason Mraz "I Won't Give Up"
          8,miwa "Don't Cry Anymore"
          9,Taylor Swift "Safe and Sound"
          10, ゆず "栄光の架橋"
          11, Snow Patrol "Chasing Cars"
          12, Beyonce "Halo"

          第二部
          1,No Doubt "Just a Girl"
          2,Rihanna "P.S. I'm Still Not Over You"
          3,Original Song by Hana "First Song"
          4,X JAPAN "Tears"
          5,尾崎豊 "I LOVE YOU"
          6,Pizzicato Five "Baby Portable Rock"
          7,AAA "I4U"
          8,Stevie Wonder "My Cherie Amour"
          9,テレサ・テン "時の流れに身をまかせ"
          10,Rihanna "Take a Bow"
          11,Exile "Stay"
          12,Mr Big "To Be With You"

          結構大変なプログラムでしたが、なんとかなりました

          そして、この24曲の中で最も素晴らしいパフォーマンスしたメンバーにSINGOUT!大賞が授与されます。果たして、一体誰の手に栄冠は渡るのでしょうか?








          またしても携帯で見ている方用の焦らし改行をしてしまいました。てへぇ。






          なんと!


          "Payphone" "Safe and sound"を歌ったShokoちゃんです

          自分の声に合った選曲をし、透き通る美しい歌声を会場で響かせたのが受賞の要因になりました

          しっかりギターを練習してきて、歌も演奏も安定していました。カバーですが、自分の世界を
          築いていたと思います。見ている人たちが思わず音楽に惹きこまれてしまいました

          ↓第一部ののダイジェスト映像です。ちょっと編集が雑ですが、雰囲気を楽しんでもらえればと



          今回のSINGOUT!はダイジェストをブログでは書きませんだって大変なんだもん

          第2部のダイジェスト動画もお楽しみに!

          ではでは!



          B'z ライブとアドリブ入門

          0
             秋を感じさせる肌寒い感も、B'zの中継ライブで吹っ飛びました。アメリカツアーを飾る最後のロサンゼルスでのライブがUstream配信
            松本さんが英語堪能なのは知っていたけど、稲葉さんがあんなに流暢に喋れるとは驚き! 。。。ただ、現地ロサンゼルス在住で元ライブジャム生徒の証言によれば、客の99%が日本人だったとやら。。。折角の英語歌詞と英語MCもほとんどわからない人だらけだったのか。。。?
            もうすぐ結成25周年と言っていたけど、改めてボーカルと対等に“デュエット”するギターのコンセプトを生み出した松本さんは偉大だなと思った。それに50過ぎても超かっこいい
            このドアの価値がまたぐっと上がったかも
            Tak1.JPG


            話は変わって、昨日はライブジャム初のアドリブ入門クリニックが開催された。
            講師はイギリス出身で、クラリネットとサックスを吹くイケメン ヒュー先生

            楽器を弾く前にまず”即興とは何か”との問い。
            生徒さんからは、
            - 自己表現
            - 何も考えずにその場で何か創る
            - 気持ちを伝える手段
            などなどと、いい発言が出るたびにヒュー先生が ”座布団2枚的な感覚で "2 points" とか "4 points" とかエスカレートして行くうちに、誰か5,000 ポイントとかもらってたような。。。
            2012-10-07 15.40.04.jpg
            もちろん楽器を弾いたけど、即興は "communication" つまり コミュニケーション(同じか。。。)と言う事で2人組になり、言葉(と言うか宇宙語のような意味不明な音)でやりとりする、一見どこかの映画のロケに迷い込んでしまったかと思わせるような不気味な局面もあったが、最後には一人ずつ、みんなが“伴奏”する中でソロを奏でるレベルまで来ました。2012-10-07 15.40.33.jpg
            そして。。。楽しく盛り上がった仲間達の絆もさらに強まったセッションでした。

            おわり


            延期になったSINGOUT!

            0
              こんにちは
              今日は我らの念力に台風17号が打ち勝って、関東に向かって突進 してきていて、帰る頃にヤバい感じになりそうなので、待望のSINGOUT!は延期になりました。
              でも、東京の空は晴天、嵐の前の静けさと言われてもただ普通に天気がいいので、結局メンバー続々当校で、またまたミニライブが始まっちゃってます。
              今日は急に天候変わるから4時閉店だから、気いつけて帰ってくれな〜




              9/30(日)SINGOUT!Vol.1@三軒茶屋COME TOGETHER

              0
                こんにちは!もう一度SINGOUT!の場所、日時などの情報を掲載いたします。

                どなたでも遊びに来れます。music school LiVEJAMに興味ある人はぜひ、遊びに来て下さい。スクールの雰囲気がわかると思います

                その際はぜひ、校長先生や他の先生方に話しかけて下さい

                9月30日
                SINGOUT!Vol.1 @ 三軒茶屋Come Together

                16:00開場
                16:30開演

                ドリンク代:500円







                9/30(Sun)SINGOUT!間近!@三軒茶屋Come Together

                0
                  こんにちは!最近ブログを書くのを怠ったせいですっかり読者を失ってしまった筆者ですカナシス〜

                  さぁ、これからはスーパー言い訳タイムです
                  なぜブログを書くのを怠っていたかというと、今度ライブジャムが行う新企画の準備をしていました!それが「SINGOUT!」です

                  JAMOUT!よりか少し小さな会場でアットホームな雰囲気で弾き語りやカラオケ、簡単なバンド演奏などをするのがSINGOUT!ですヴォーカリストたちが歌いたい曲を自由に歌ってもらいます。ギターを弾けるメンバーに伴奏を頼んだり、ヴォーカリスト同士でデュエットを依頼したりと、メンバーの間で交流も盛んに行なわれ、予想以上に面白い展開になってきましたそういった交流から、何だか甘酸っぱい匂いが教室内を漂い、筆者はただただ鼻をつまむだけです

                  SINGOUT!はヴォーカリストたちが行う歌の祭典ってな感じでしょうか?お暇な方はぜひ、遊びに来て下さい

                  SINGOUT!Vol.1
                  @
                  三軒茶屋Come Together
                  16:00開場
                  16:30スタート



                  ではでは



                  ミュージックステーションにメンバーが出演!

                  0
                    こんにちは最近はブログがご無沙汰してしまいましてすみません

                    さてさて、今回は秘密にしていたのですが、昨日放送されたのでもう言ってしまいます。実はライブジャムでミュージックステーションの撮影が行われました。

                    ミュージックステーションといえば、テレビ朝日が放送している伝統的な音楽番組
                    皆さんご存知ですよね?

                    事の発端は1つの電話からはじまりました
                    お昼ごろにライブジャムに1件の電話がかかってきました

                    テレ朝ステッフ「テレビ朝日の〜と申します。この度はミュージックステーションの取材協力のお願いのためにお電話しました」

                    テレ朝スタッフ「中学3年生を対象にインタビューを撮りたいのですが、中学3年生を25人程集めてもらえませんか?」

                    筆者「25人はさすがに・・・。」

                    テレ朝スタッフ「わかりました。でしたら、15人以上集められますか?」

                    筆者「まぁ、なんとか(随分減ったな)」

                    テレ朝スタッフ「ありがとうございます」

                    というようなやり取りがありました。

                    筆者はミュージックステーションをほとんど見たことがなかったので、はじめは意味がわかりませんでしたが、ミュージックステーションの過去の映像を見て内容を把握しました。

                    この時点で把握したことは、

                    Birth Year Songsという企画で子供たちが自分の生まれ年の曲を聞いてインタビューを受けるという形式でした。

                    ▲ぅ鵐織咼紂爾魯哀襦璽弖措阿嚢圓錣譟△呂靴磴い世蝓⊂しお馬鹿で面白い発言をしたり、アーティストを褒めたり、説明したりすると、使われるということ。

                    参加者を募ったら17名ほどのメンバーが参加を希望しました。その旨をテレビ朝日のスタッフの方にお話しました。

                    筆者「17名ほど集まりそうです」

                    テレ朝スタッフ「大変ありがとうございます。一つお伝えしなければならないのですが、出演者すべての方が放送されるわけではないんですよ〜」

                    筆者「・・・。(早く言ってよ〜)」

                    まぁ、よくよく考えれば当たり前ですが、反応の良くないグループの画は使われませんよねちょっとがっくりした後、参加者にその旨を伝えました。みんなもちょっとがっくりした後、それでも参加するといってくれました

                    筆者「まぁ、でもライブジャムのメンバーは元気ハツラツで反応もいいから、いっぱい使われるだろうテレビにライブジャムが映る時間がながければ、いろんな方にライブジャムを知ってもらえるすげぇ、綺麗な教室を見てくれ

                    そう思い、部屋をいつもより必死に掃除し(掃除を手伝ってくれた諸君ありがとう)、撮影日を待ちました。

                    撮影日当日、テレビ朝日のスタッフの方に簡単な説明を受けるメンバー。その際も、はしゃぎまくっているメンバー。(スタッフの方々が若干困惑されていましたすみません

                    テレビに出たい子供たち、少しでも長くライブジャムの画が使われたいライブジャムスタッフ。目的はひとつ!まさにライブジャムの理念仲間とともに切磋琢磨し、一つの目標に向かってチカラをあわせる」がライブジャムスタッフと子供たちとの間で実現されようとしていたのでした。いやはや美しい

                    ピカピカの教室にギターやベース、ドラムセットが並びテレビ朝日のスタッフたちも

                    「いいですね〜」

                    と好感触!!

                    筆者「これはいける

                    撮影が始まりました。1グループ30〜40分ほど撮影しました。

                    撮影が終わったグループに話を聞いてみました。

                    筆者「どうだった?」

                    メンバー「知らない曲ばっかり。反応しづらかった

                    筆者「・・・。(演技すればいいのに)」

                    メンバー「〜は意味不明な発言してた

                    メンバー「おまえだろ!

                    明らかにカメラを向けられるという緊張感に負けた模様。このような若干のいざこざもあり、教室に不穏な雰囲気が漂い始めました

                    3グループ撮り終えた後、最後のグループはみんなに公開されながら撮影がされました。私も業務の傍ら、様子を見ていました。

                    撮影が始まる前、「俺に任せろと豪語するメンバー。

                    筆者「まぁ、大丈夫だろ」

                    しかし、撮影がスタートすると、ものすごいおとなしいメンバー。

                    筆者
                    「あれ、このコーナーってすげぇテンションの高い子どもたちが、曲を聞いた瞬間『おぉ!知ってる』だとか『大好き!この曲』みたいにはしゃぐ画が映ってたよな。こんなテンション低くて、口数少なくて大丈夫か?」

                    そんなこんなで撮影は終了。

                    テレ朝スタッフ「ありがとうございました。映像が使われるかどうかは最後の最後までわからないんですよ〜。ご了承下さい」

                    筆者「はぁ〜。(こんなに盛り上がらなかったインタビュー使われるのか?まぁ、編集で何とかしてくれれば・・・。)

                    もしかしたら、全然映らないのでは、という懸念を抱きつつ放映日当日。撮影に参加したメンバーの一部がライブジャムに来て、今か今かと自分たちの姿がテレビに映るのを待ちわびていました。

                    Birth Year Songのコーナーが始まり、教室に緊張感が包まれました。

                    さぁ、映るのか映らないのか・・・。

                    このコーナーが大体10分ぐらいなので、3グループ30秒くらい映ればいいなぁと思っていました。

                    しかし





                    7分ほどしても、ライブジャムが出てこない

                    筆者「これはやばい」

                    と思ったその時!



                    映りました

                    たった5秒

                    コーナーは終了。ライブジャムに来て放送を見ていたメンバーは誰も出演しませんでした。

                    筆者「まぁ、無理だよね・・・。他の中学生グループ、面白かったしテンション高かったし

                    そんなわけでライブジャムとそのメンバーたちの挑戦は、惨敗とまでは行かなかったのですが、あんまりいい結果ではありませんでした。残念

                    しかし、翌日のWebサイトのアクセス数はUPしていました。Mステ効果か

                    さぁ、泡沫(うたかた)の夢に終わりを告げ、本来の教室の目標「JAMOUT!」に力を入れましょうか!

                    11月17日(土曜日)恵比寿LIVEGATEでやりますよ〜。

                    ではでは!



                    JAMOUT!Vol.6 ダイジェスト

                    0
                      こんにちは!私は最近自分の貯蔵の本を読み返すことにハマっています
                      最近特に印象に残った本はベンジャミン・フランクリンの「フランクリン自伝」です。
                      もう数十回読んでいるのですが、今だに面白い
                      この本の中で最も有名なのが13の徳目です。これはより良い生活をするために自分を律するために作られた「守るべき習慣」のようなものです。(本当はもっと深い意味合いがあるのですが割愛します)「第3 規律」の項目で「自分の持ち物は全て置くべき場所を決めておくこと」とあります。まさに、今の私に必要な習慣。何でもかんでも机の上に置いたりカバンに入れたりして、どこに何があるかわからず、探し物をする時間がちょ〜長いので

                      さてさて、今回はJAMOUT!Vol.6のダイジェスト△鬚届けします。

                      Photobombersの演奏が終了後、Photobombersのメンバーのドラムとギターが残り、ウクレレのメンバーが加入し、Photobombers が演奏しました。非常に爽やかでゆったりとした楽曲Jack Johnsonの"Better Together"を演奏しました。なんでも、この曲は母国に帰ってしまう友人が好きな曲らしく、彼らはその友人のために演奏したそうです素晴らしいですね〜



                      その後はガールズバンド+男キーボードのTwincle Bakeryが演奏しました。彼らは今回のJAMOUT!Awardsのグランプリバンドに選ばれました。演奏はYuiの"Hello"とMiley Cycusの"Dreams"を演奏しました。会場が一体となって彼らの演奏に体を揺らしていました。



                      9番目に演奏したのはLaughorte(ラフォルテ)。彼らはバンド名がころころ変わるのですが、1年前からずっと同じメンバーで演奏しているバンドです。ボーカル、ギター×2、ベース、ドラム、キーボードと典型的なロックバンドの編成をしています。今回彼らは繊細な演奏とダイナミックな演奏で観客を驚かせました。1曲目はThe Beatlesの"Let It Be"。2曲目はRed Hot Chili Papersの"By The Way"を演奏しました。女の子たちが「かっこいい!!」ときゃあきゃあ言っていました



                      次はSTD OrchestraがBen E Kingの名曲"Stand By Me"を演奏しました。JAMOUT!ではじめてホーン・セクションを入れたバンドが演奏しました。これからどんどん増やしていくつもりです。ブラスバンド部に所属している人たちのJAMOUT!への参加どんどんお待ちしております



                      第1部最後として先生バンドが3曲演奏しました。曲はRed Hot Chili Papersの"Give It Away"、Avril Lavigneの"I'm With You"、Adeleの"Rolling In The Deep"でしたベースのTommy先生がRed Hot Chili Papersの"Give It Away"を歌いました。でかい体をステージ上でガンガン揺らして迫力のあるパフォーマンスを見せていました。

                      今回はこれにて終わり、次回はダイジェスト最後をお届けします。

                      最後の方は若干力が弱って雑な文章になってしまいました



                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      Twitter

                      ニコニコ

                      音楽教室検索

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • マフィンを頬張る青年とニコ生とサラ・ブライトマンの話
                        Ken
                      • 「ドラムのスナッピーを壊さないで」の巻
                        Ken
                      • 誰でも参加できる!無料ギタークリニック開催!by LiVEJAM
                        ピンクのロードバイク!かずき

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM