遠くから来るカッコいいベース女子の謎

0
    ライブジャムが開店して3年。
    10代向けの音楽教室で、バンド組めて本格的なライブができる所は他にあまりない(全然ない?)ようで、いろいろな所からみなさん来てくれます。
    今日も体験レッスン申し込んだ高校1年生2人が時間過ぎてもなかなか来ない
    くもりと思ってたら「電車乗り間違えて、今渋谷です汗汗」と電話してきました。まあここに普段来る人であれば横浜方面から来ない限り、大抵は渋谷通るので、ただ者ではない な、と思ったら、なんと千葉県の九十九里浜サーフィン近くから来たとの事。
    調べたら3−4回乗り換えて
    電車電車電車電車、電車に乗ってる時間だけでも1時間40分、それで電車賃も往復で5000円金近く!
    実際にメンバーになって通えるかどうかは別として、ともかくもう、そこからわざわざ来てくれたと言うだけで感謝感激
    楽しい悲しいでした。 やはり回りでバンドを組んだりし始めてる友達もいて、自分も始めたい、だけど近くにバンドを組む目的で楽器を教えてくれる場所がなかなかないようです。
    今日の彼らには、ライブジャムはレッスンに来てそのまま帰る人はほとんどいなくて、スタジオが無料開放されてるので、早く来て練習したり、後で復習したり、友達とだべったり宿題やったり、中には突然筋トレ
    筋肉始めたりする子もいるので、そのように週末の半日ここで過ごすつもりで入れば問題なくバンド目指して活動を始められるよ、と伝えました。
    さあ、どうなるか。。。
     
    今は遠い所と言えば、千葉市とか横須賀
    いかりとか国立辺りから通ってくれてるメンバーがいます。実は1年半位前は伊豆の伊東市びっくりから通ってた子もいました。それこと片道3時間半位かけて!そのメンバーはしばらくして横浜まで引っ越して来てくれたので、今では「伊豆伝説」となり毎日のように来てくれるレギュラーです。
     
    ライブジャムには多くの外人の先生がいて、生徒さんも外人やインターナショナルの生徒さんも多いので、英語のホームページもあるのですが、そこには世界中
    地球からアクセスしてくれてます。この1ヶ月だけでもアメリカアメリカ国旗オランダドイツスペイン、オーストラリアタイ中国インド(インドがなぜかすごく多いのです。。。)、アラブ首長国連邦などなど。
    去年はブラジル
    ブラジルからの検索があったと思ったら翌月ブラジルから転校してきた子が入会してきました。またある時はコロンビアコロンビアの大使館から電話があって、夏休みにコロンビアから来られるお嬢様がライブジャムに通ってレッスンを受けたいと。実際5−6週間ベースのレッスンを受けてくれました。
    今までの最長距離通学記録
    飛行機ニューヨークりんご。と言ってももちろんライブジャム目的ではないですが、大人で毎月日本へ出張してるという女性のファッションデザイナー洋服が、出張中にベースのレッスンを受けたいと。それも左利きなので、レフティーのベースを。それも知り合いに貸してもらって、しばらくの間出張の度にレッスンを受けに来てくれました。ライブジャムでは英語でレッスンを受けたい在住外国人やもちろん日本人の大人の方も来られます。あまりないんですよね、日本語できない外人が気軽に音楽学べる場所。

    Bass小.jpg
     
    考えてみると、、、ブラジルも、コロンビアもニューヨークも全て女性で、楽器はベース
    ギター! それもみんなカッコイイキラキラ素敵な方ばかり! 女性のドラマードラムはカッコいいと思ってましたが、ベースもヤバいですね! そう言われてみれば国内の遠くの伊豆や千葉から通ってくれてるのもカッケええ女性のなんとベーシストギターばかり!!
    “なんじゃこりゃ!
    驚き。。。もしかしたら長距離を動く女性はベースを弾きたくなる?それとも単に背負いたくなる? 遊牧民がライフルや弓矢を背負ってた狩猟生活のなごりか。。。?はてなはてななぞはてな。。。
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    Twitter

    ニコニコ

    音楽教室検索

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • マフィンを頬張る青年とニコ生とサラ・ブライトマンの話
      Ken
    • 「ドラムのスナッピーを壊さないで」の巻
      Ken
    • 誰でも参加できる!無料ギタークリニック開催!by LiVEJAM
      ピンクのロードバイク!かずき

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM