歌で賞をとるには

0
     ユイちゃん大丈夫なのでしょうか?。。。
    何時発の電車に乗ったかですが。。。たしか8時に上野着とアキちゃんが言ってましたね。
    12時〜14時位に出たとすると。。。心配ですね。。。

    あ、「あまちゃん」の事ですが、
    テレビに 2011年3月11日と出た時は背筋が冷たくなりました。
    思い起こせば我々ライブジャムもその日は、メンバーの発表会ライブ、JAMOUT!の日、そう、vol. 3だったのです。私も機材を載せて会場の二子玉川のピンクノイズへ車で向かっている途中でした。
    もちろん、電車は動かないし、電話も通じないのでライブはキャンセルになりましたが、あの日の事があまちゃんで再現されるわけですね。。。

    ところで、あまちゃんと言えば8月20日に行われた歌の祭典SINGOUT!について報告が遅くなりました。
    そうなんです。”海外組”のYちゃんが、”潮騒のメモリー”を振付付きで歌ってくれたのです! はにかみながらも見事に熱唱してくれ、”喜び組”的な同学年のお友達が応援してくれて大変盛り上がりました。
    全員のコメントは省きますが、ライブジャム入会後、初ライブのメンバーが数人、メッチャパワフルな美声で観客を驚かしてくれ、今までベース奏者としてどちらかと言えばの支え的な高校生男児が渋〜い弾き語りでカミングアウトしたり、暴れん坊ギターリスト3人が尖がったギターでスーパージャムを披露してくれたりしました。
    ニコニコ動画の生放送の動画撮りで忙しくて静止画が撮れなくて、本番前の3人ギタリストのやんちゃな写真しかありませんが。。。
    guitars.jpg

    今回のSINGOUT!大賞は、鬼塚ちひろの「月光」とつじあやのの「風になる」を演奏した高2と中3女子二人組に贈られました。Mちゃんの歌もねっちりしっとりと素晴らしかったですが、伴奏をやった中3のSちゃんが2日前にアメリカから帰国して時差ぼけの中、1曲はギター、1曲はピアノで伴奏してくれたのも心を打たれました。

    賞はライブジャム賞判定委員会が協議の上決めているのですが、今回の判定について聞いてみるとある委員に聞いてみました。すると匿名を条件にインタビューに応じてくれたのですが、
    今回のSINGOUT!賞について特定する事はできないが、一般論として、次のような候補が相対的に好まれる。まずは、オリジナル曲はカバー曲より好まれる。自分で曲を作ったと言う事も重要だが、自分で作った曲の方が感情を入れやすい事もあるかもしれない。
    それから、カバー曲をやるとしても、カラオケ音源よりは、ギターでもピアノでも生演奏での伴奏があった方が臨場感が出て来る。1人で弾き語りでも良いし、誰かにサポートしてもらってもよい。伴奏してくれている人との呼吸がぴったり合えば、2人分の感情の相乗効果でものすごいエネルギーが発せられる可能性もある。逆に呼吸が合わなければ、半減するリスクも伴うが。。。
    と言う事が一般論だが、もちろん1人でカラオケで歌って賞をとれる可能性も充分あるので。
    最終的に委員会を動かすのは”感動”の大きさだ。良い演奏は良い”氣”を発する。そしてそれが広がり感動をもたらす。これが最終で最大の判定材料になる。

    との事でした。何度も念を押されたので、1人でカラオケで歌っても充分に感動を創り出す事でできる事でした
    今後の参考になれば良いですね!

    最後に、今回の賞の対象外の演奏でしたが、元メンバーが自分で作った壮大な7分30秒の曲の世界初披露が行われた。音源をバックに男女のデュエットでしたが、曲がクラシックとポップが融合したようなかなりユニークな曲で、感情もたっぷり入ってたので、Youtube リンクで紹介します。

    これ
    http://www.youtube.com/watch?v=1JLiGvkrL0s





    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    Twitter

    ニコニコ

    音楽教室検索

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • マフィンを頬張る青年とニコ生とサラ・ブライトマンの話
      Ken
    • 「ドラムのスナッピーを壊さないで」の巻
      Ken
    • 誰でも参加できる!無料ギタークリニック開催!by LiVEJAM
      ピンクのロードバイク!かずき

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM